fukagawa1953’s diary

東京下町の街並みや自然などを中心に、野鳥を絡めて写真を撮っています。

野鳥

今朝のカルガモ親子

Pentax K-50

アオサギの雛が4羽、隠れていますが親が餌持ってので大変です

Nikon Z50

カルガモの雛が足りない

カルガモの雛が2羽足りません 300メール離れた所に2羽が並んで泳いでいでいます 2羽が戻ってきました 雛が4羽揃いました 雛が離れた理由は母ガモが息抜きにどこかへ行ってしまうので、雛が母ガモ探しに出かけたのでした

コサギの巣の中に営巣したアオアギの雛が孵りました

カワセミはほぼ毎日撮れる

Nikon Z50

カルガモの雛

7月のカルガモ

親水公園でカルガモが新たに生まれました 雛は4羽ですが生まれて1週間は過ぎていると思います

生存を確認してたカルガモの雛も大人との区別が難しくなっている

Lumix G7

今季最初のカワセミ

Lumix G7

椋鳥の影

Nikon Z6

久しぶりに海猫

Nikon Z6

カワウ飛び立つ

Lumix G7

巣立ったばかりの若いアオサギ

Lumix G7

餌取りをするコサギ

Nikon Z6

一羽で頑張ってきたカルガモも随分大人らしくなってきました

Lumix G7

木場親水公園のカルガモの雛は一羽が遺棄された釣り針を引っ掛けて弱り死んだので八羽になりました

カルガモの雛が潜る

Lumix G7

木場親水公園のカルガモの雛は九羽元気です

コサギの巣の中に営巣したアオアギの雛が孵りました

LumiX G7

Nikon Z6

コサギが騒ぐ

Lumix G7 14-140mm f3.5-5.6

カルガモくん生存確認

Lumix G7 14-140mm f3.5-5.6

木場親水公園のカルガモの雛九羽は元気です でも、母ガモは育児放棄しました

Lumix G7 この子達の母ガモは去年も育児放棄しています

木場親水公園のカルガモの雛九羽

母ガモが遊びに行って夕方までに帰っていないようなので心配です それに去年育児放棄した母親なのでこの先どうなるやら

カルガモくん生存確認

3週間くらい経ったカルガモの雛、このまま無事に育って欲しい

今年親水公園で生まれて生き残っている全カルガモ

今年は6組のカルガモが親子がいましたが、生き残っているのはこの三羽だけです 去年はカルガモの毒殺があっても五羽が巣立っていったのですが、今年は少なすぎます これから生まれることもあるのでそれに期待です

夾竹桃の花とコサギ

Nikon Z6

生存確認 元気です

Nikon Z6 独りぼっちになって1週間以上経ちますが、この子は今日も元気です

1羽になって1週間経ったが元気です

このカルガモの雛は生後2週間くらいだと思う、親がいればほぼ問題なく成鳥まで育つことが出来る しかし、親無し兄弟なしなのでまだま安心できない状態である

本日の孤独のカルガモです