fukagawa1953’s diary

東京下町の街並みや自然などを中心に、野鳥を絡めて写真を撮っています。

秋の空

ricoh GXR A16 晴れた秋の空、雲も秋仕様。

マクロ撮影

ricoh GXR A12(33mm Macro) 天気が悪いのでマクロで花を撮っていた。 彼岸花は飽きました。

アゲハ蝶

ricoh GXR A12(50mm macro) 秋になったアゲハ蝶は羽根もボロボロです。

XF35mm f1.4

fujifilm X-M1 XF35mm f1.4 久しぶりにXF35mm(135換算52.5mm)を持ち出した。 どうも標準レンズの画角があまり好きじゃない。 出来ればちょっと広角寄りのレンズが好きだ。 だから常用レンズは135換算28mmから45mmまでに収まっている。 にほんブログ村

日の入り

ricoh GXR A16 にほんブログ村

荒木町の朝の光景

fujifilm X-M1 XF27mm f2.8 新宿荒木町の朝、店は閉まっている。 店の表を掃除する女、小荷物を運ぶ運転手、出勤していく女、通学の学生、色々な人が通り過ぎていく。 最後の流しの男が死んだはこの街だった。 時間はいつも止まったような街だが人は生きてい…

台風で倒れたコスモス

fujifilm X-M1 XF35mm f1.4 今回の台風で倒れてしまったコスモスの花たち。 ちょっと残念。

木場公園のキバナコスモス

fujifilm X-Pro1 XF18mm f2.0 木場公園のキバナコスモスがちょうど見頃になりましたよ。

雨の日の彼岸花

Pentax K-50 DA35mm f2.4 今日は1日雨で撮った彼岸花も濡れている。 マクロレンズじゃないので水玉も綺麗に撮れませんでした。

朝のボート乗り場

Pentax K-50 DA35mm f2.4 朝一瞬雨がやんだので散歩してきました。30分ほど雨は降らずいつものコースを写真を撮りながら歩きました。 週末なので台風が近づいていてお客さんもいないだろうと思われますが、準備だけは行われていました。

清澄庭園の初秋

fujifilm X-M1 XC16-50mm f3.5-5.6 江東区にある都立清澄庭園は旧三菱財閥の迎賓館と三菱社員の慰安の場所となっていた庭園です。 この時期は彼岸花が其処彼処に咲いております。 にほんブログ村

西洋アサガオ

fujifilm X-M1 XF27mm f2.0 目立つ色の西洋アサガオだよ。

砂村新田六地蔵

fujifilm X100 XF27mm f2.0 にほんブログ村

朝のボート乗り場

fujifilm X-M1 XF27mm f2.8 金曜日でボート場は休み、だから朝といっても静かなボート乗り場です。

陽が溢れる

fujifilm X-M1 XF27mm f2.8

怪獣に見える雲

ricoh GXR A16 いつもの親水公園ですが、木々の向こうに見る雲が灰色の影の怪獣のように見えます。 夕方一瞬私の想像力を満たしてくれた光景でした。

赤い彼岸花

ricoh GXR A12(50mm Macro) 朝散歩の親水公園、やはり目立ったのが赤い彼岸花、あっちこっちに咲いている。 にほんブログ村

夏らしい空

今日正午過ぎの空、雲も空の色も夏を感じるものだった。 当然、暑さと湿気も夏に戻った。

白い彼岸花

Nikon D40X Zoom nikkor 35-105mm f3.5-4.5 彼岸花、赤ばかりでなく白に黄色もありますね。

長州藩大砲鋳造場跡モニュメント

江東区南砂に江戸末期長州藩大砲鋳造場があり、佐久間像山指導のもと江戸湾の防御用に大砲を鋳造したが、後に下関に運び下関戦争に使用された。 このモニュメントはこれを記念して作られたものです。

9月の朝顔

Nikon D40X AF-S Nikkor 18-55mm f3.5-5.6 Gii ED 久しぶりにD40Xを持って朝散歩、それにキットレンズの標準ズームです。 Nikonの標準ズーム安いレンズの割によく写ると評判がいい。 にほんブログ村

AF nikkor 35mm F2.0D

Nikon D70 AF nikkor 35mm F2.0D AF nikkor 35mm F2.0Dの撮影サンプル。

秋桜

秋桜、名前のように秋咲き誇る花。 これは裏通りの植え込みに咲いている秋桜だからお花いっぱいにはなりません。

ムクゲの花

fujifilm X100 XF23mm f2.0 今年の我が家のムクゲの花は昨日でおしまい。 7月末にアブラムシが付いて蕾をかなり落としたので、早めに終了です。 親水公園のムクゲの花はもう少し楽しめそうです、

朝の水面

ricoh GXR A16 朝散歩はいつも親水公園です。水面が小さく波立っているのは鵜が飛び出しって言ったからです。

街の夕焼け

ricoh GXR A16 夕焼け小焼けで日が暮れて 久しぶりの日の入りを撮りました。 近所の寂れた商店街の裏通りです。

落ち葉

落ち葉を見ると秋が始まっているんだなと思う。

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 親水公園には多くの鵜が生息しております。 野鳥の島はサギ類の寝床兼繁殖馬ですが、鵜も寝床にしています。 しかし、鵜はここでは繁殖はせず、鷺たちと棲み分けています。

萩の花と水車

ricoh GXR A16 親水公園の水車前の萩の花が咲きだしました。 ここでうまくカワセミが撮れればいいのですが。。

越中島貨物線の27号踏切

父親が勤めていた工場の脇にある踏切で、私が子供の頃は踏切番がいる踏切だった。 現在は単線ですが子供の頃はこの先に汽車会社の工場があったので、この場所は複線だった。 この踏切を一日何本かの蒸気機関車D51が走っていた。硫黄やコークスを運ぶ長い貨車…

実り前の稲穂

Sony RX100 親水公園には水田があり、公園近くの小学生が毎年田植えを行い、秋には稲刈りをします。 この時期は案山子がこのように並んでいます。 今年の稲刈りにはもう少し時間がかかるようです。

砂町緑道公園

fujifilm X100 XF23mm f2.0 緑道公園は旧都電38番の専用軌道の跡地を公園にしたもので、そして春は花見の人で賑わうところです。 この車輪は公園に設置された都電を記念するモニュメントです。 にほんブログ村

カワセミがハゼを捉える図

親水公園野鳥の島でカワセミが大きなハゼを捉えくわえているところに遭遇しました。 何度か枝に叩いて一飲みにしてしまいました。

第20回かかしコンクール

fujifilm X100 XF23mm f2.0 深川資料館通り第20回かかしコンクールに行って来ました。 撮った写真は150枚だか何点かは撮っていないので作品は160点くらい集まったようです。 作品は世相を反映するものが多いから今回はパンダとミニオンが複数ありました。 に…

午後の空

ちょっと夕方は雨かな。

親水公園には何箇所か葦原があり、野鳥の隠れ場所になっている。

大江戸ソーラン祭り2017

大江戸ソーラン祭り演者はよく跳ねます。

跳ねる(大江戸ソーラン祭り)

ricoh GXR A16 木場公園の大江戸ソーラン祭り2017は今回で11回目のイベントで、お客さんも毎回沢山来場します。 今年は37組が参加して、3会場で演舞が行われました。

快晴の朝

ricoh GXR A16 朝散歩は快晴の空の下親水公園をいく。

青い空が戻った

やっといい天気になりました、気温上昇もありましたが、清々しい空です。

風に揺れる柳

ricoh GXR A16 昨日の夕方が風がちょっと強く柳の枝が揺れていました。

缶’s Bar

アキヨドの近くにある缶’s Bar、前から気になっているがまだ行っていない。

ある路地裏

ricoh GXR A16 路地裏に苔生したような古いグランド整地用のコンクリートローラーがおかれている。 もう何十年も同じ光景がそこにはある。 にほんブログ村

雲間のクレーン

Nikon D70 Zoom-nikkor 35-105mm f3.5-4.5 夕方の散歩、黒々とした雲間にクレーンが浮かんでいました。 このマンション工事も最終工程に入っているからこの光景後少しで無くなる。 にほんブログ村

Nikon D850

Nikon ファンミーテイングは混雑で諦め、ニコンプラザ新宿へD850を見に行ってきた。 感想としては初期の品薄が解消したら購入してもいいなという感じです。

谷中レンタサイクル

fujifilm X-Pro1 XF18mm f2.0 谷中の老舗酒屋の旧店舗を利用したレンタサイクル店、雑貨店とカフェ併設。 谷中墓地入口に近いところだからすぐわかります。

ツバメブックスあるいは自画像

X-Pro1 XF18mm f2.0 根津神社前のツバメブックスのドア、まだ開店までには時間がある。

谷中霊園15代将軍徳川慶喜公の墓所

15代将軍徳川慶喜公(東京都史跡)の墓所は谷中霊園にあります。 徳川将軍家の墓所は上野寛永寺か芝増上寺にありますが、慶喜公は明治時代になって将軍を辞めてから亡くなったので、上野に近い谷中霊園に墓所がもうけられたようです。

秋の西瓜

fujifilm X-M1 XF27mm f2.8 初秋とはいえ西瓜は実っている。 鳥除け網もあるので収穫するつもりらしい。 ちょっとどんな味か食べてみたい気もする。

へび道を行く宅急便

根津から千駄木の裏通りにへび道というクネクネした道があります。 なんでクネクネしているかというと道の下には藍染川が暗渠となって流れているからです。 だからクロネコヤマトもトラックじゃなくてリヤカーで対応しています。