fukagawa1953’s diary

東京下町の街並みや自然などを中心に、野鳥を絡めて写真を撮っています。

標準ズームレンズ

f:id:fukagawa1953:20161114082926j:plain

Nikon D40X  AF-S Nikkor 18-55mm f3.5-5.6 Gii ED

 

AF-S Nikkor 18-55mm f3.5-5.6 Gii EDは2006年にNikonAPS-C一眼レフD40Xを購入した時の付属品で、僕が一番最初に手にしたデジタルカメラ専用レンズです。

また、Giiの型番が示す通り、Nikonの低価格標準ズームの二代目になります、初代と同じ光学系ながらコストダウンが図られ定価が1万円安くなったものです。

 

f:id:fukagawa1953:20161114080701j:plain

 

D40Xのおまけで付いてくるようなキットレンズですが、当時のレビューなど見ると一部プロにも認められるなんて書いているものもありました。

ここに載せている写真は今朝撮影したもので、シャッタースピードは1/100秒で絞りはf4~6.3です。

 

f:id:fukagawa1953:20161114080707j:plain

 

このレンズには手ぶれ補正が付いていないので、ちょっと暗いところだと手ぶれを起こすことがあります。でも、しっかり構えて撮ればかなり手ブレ写真は少なくすることはできます。

 

f:id:fukagawa1953:20161114080713j:plain

 

ズーム全域で最短撮影距離0.28mなので、望遠端をうまく使えばマクロ撮影が出来るようなことを書いてあるレビューもありましたな。

 

f:id:fukagawa1953:20161114080735j:plain

 

本体のD40Xは評判の良かったD40の600万画素のセンサーを1000万画素センサーの変更して、D40の発売から1年も経たないうちに発売されたものです。

D40は2006年当時、ISOの高感度特性がいいと言われた機種でしたが、1000万画素のD40Xは凡庸な感度しか持ち合わせておりません。

D40はまだブロクなどに取り上げらることがありますが、D40Xの記事は見かけません。

 

f:id:fukagawa1953:20161114080719j:plain

 

広告を非表示にする