fukagawa1953’s diary

東京下町の街並みや自然などを中心に、野鳥を絡めて写真を撮っています。

野鳥

紅葉が池の二羽のカワセミ

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 午後に再び親水公園の「紅葉が池」に行ったらカワセミが二羽妻夫木に止まっていました。 妻夫木の花が萎れて残念ですが、カワセミが二羽並んだ初めての写真です。 にほんブログ村

水車とカワセミ

Nikon D5300 Sigma 100-400mm f5.0-6.3 今日はお昼前の15分だけサービスしてくれたカワセミ君でした。

水車小屋の茅葺き屋根をボロボロにするオナガ

Nikon D7000 Sigma 100-400mm f5.0-6.3 親水公園にある水車小屋の茅葺き屋根にいる虫を探すために、茅を突いいてボロボロにしてしまうオナガ、困ったやつです。

カワセミと紅葉

Nikon D5300 Sigma 100-400mm f5.0-6.3 水車小屋前の止まり木に止まったカワセミ、ちょうど紅葉の赤と青とのコントラストが良い。 にほんブログ村

潜水ガモ

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 首が茶色の鳥がホシハジロ、周りを囲んでいるのがキンクロハジロです。 キンクロハジロで胴体が白が雄で、焦茶色が雌です。 こいつらは水に潜って藻などを食べるので、潜水ガモと呼ばれています。 だから、親水公園にいる潜水ガ…

ジョウビタキの雌

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 ジョウビタキの雌がやってきました。 雄も違う場所ですが、やってきました。

カワセミは身近な野鳥

Lumix G7 100-300mm f4.5-5.6 私の住んでいる環境において、カワセミは身近にいる野鳥の一つで珍しいものではない。 この時期なら撮影ポイントで待機していればかなりの確率で撮ることが出来る。 また、鳥との距離が近くこの写真で10メートルは離れていない…

五位鷺

Lumix G7 14-140mm f3.5-5.6 五位鷺もきっちり撮れば綺麗な野鳥です。 どうも見慣れた鳥は有難味が少々減じます。

アオサギの舞

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 親水公園の水路の吹き出し口は餌場で、昨日はアオサギとコサギが餌取りをしていました。

オナガガモの雄

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 オナガガモの雄も親水公園にやってきました。 まだ数が少ないのですが毎年50羽前後が賑やかに群れています。

偶然(鳩が飛んだ)

ricoh GXR A16 いつもの風景を撮った時に鳩がレンズの前に飛び込んできた。 それもシャッターを押す瞬間で、うまく画面の真ん中に入りました。

考えるアオサギ

工事現場のアオサギ、餌場でもないところで何を考える。

オナガガモ(雌)がやって来た

親水公園に冬鳥のオナガガモが帰って来ました。 この周辺には毎年、50羽ほどのオナガガモが群れています。

小鷺の餌取り

Lumix G7 14-140mm f3.5-5.6 親水公園の水路への水の噴出口で餌取りをする小鷺、この周囲には小鷺、大鷺、青鷺、五位鷺と鷺類の餌場です。 もう少しすると尾長鴨がやってきて、賑やかになります。

Lumix G7 100-300mm f3.5-5.6 親水公園には多くの鵜が生息しております。 野鳥の島はサギ類の寝床兼繁殖馬ですが、鵜も寝床にしています。 しかし、鵜はここでは繁殖はせず、鷺たちと棲み分けています。

カワセミがハゼを捉える図

親水公園野鳥の島でカワセミが大きなハゼを捉えくわえているところに遭遇しました。 何度か枝に叩いて一飲みにしてしまいました。

アオサギがいる光景

ricoh GXR A16 この季節、浅瀬のこの場所には小魚が多くアオサギやコサギの良い餌場になっています。

スズメ達

親水公園にはスズメが沢山います。小型の野鳥なので公園内では一番弱い部類に入る。 それなりに警戒心はあるのですが、公園で座っていると1メートルくらいの所に寄ってきます。

ダイサギの餌取り

ダイサギの餌取りを見ていましたが、30分で50匹くらいのハゼを捕えました。 それも百発百中で失敗なしの効率のいい餌取りです。

白鷺三葉

今日は親水公園のハナミズキ橋周辺にいた白鷺写真三葉です。 同じ時間に珍しく白鷺が揃っていました。 にほんブログ村

母と子(カルガモ親子)

親水公園のカルガモ親子とうとう雛が1羽になってしまいました。 この数日午後になるとここで日向ぼっこしています。 雛もここまで大きくなれば大丈夫だともうのですが、どうなることやら。

カワセミ

親水公園にやっとカワセミがやってきた。こいつはこの後大きな餌を採って食べておりました。 親水公園のカワセミ目撃情報を総合すると3羽飛来しているようです。 にほんブログ村

カルガモ親子(仙台堀川親水公園)

今年初めて親水公園でカルガモ親子発見、最初は5羽の雛がいましたが昨日は4羽でした。 さらに今日確認できた雛は2羽となっておりおりました。 この親水公園天敵が多すぎるようです。

五位鷺が狙ってます

通称バンザイの親水公園の水路の水の吹き出し口は、鷺の餌場で昨日は五位鷺が2羽、青鷺が2羽、小鷺が1羽おりました。

緑の中のヒヨドリ

Linux G7 14-140mm f3.5-5.6 この時期ヒヨドリは見かけることが少ないのですが、今朝は運よく出会いました。

カルガモ親子

今年最初のカルガモ親子の写真、子ガモは残念ながら一羽だけです。 親水公園では最近見かけないカルガモ親子、この親子は猿江恩賜公園で見かけたものです。

オナガ

オナガは警戒心の強い鳥なので、カメラを向けると逃げてしまうことが多い。 今回は逃げられることもなく10コマほど撮ることが出来ました。。

羽を震わす鵜

最近、撮る鳥が鷺類か鵜か。 夏枯れで全然ダメです。

三羽の鵜

親水公園野鳥の島の杭でアピールする3羽の鵜。 この杭はよく鵜が止まっています。

カルガモ上陸

今年はまだ親水公園でカルガモ親子の姿が見られないのが寂しいですね。